戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

インターネットによる高校生小論文コンテスト

締切
2016年06月29日(水)
コンペの概要

① エントリー
「事前エントリー制」です。あらかじめ、エントリーページからエントリーした方に、EメールでエントリーNoとパスワードが届きます。 予選各回、Eメールで課題が配信されます。

③ 予選
3回行います。ただし、1回のみの参加もできます。エントリー者は各予選日(午前10時頃)にメールで課題を受け取り、作品応募ページを使用して制限期日内に作品を応募します。 応募された全作品は毎日新聞社が採点します。「予選 – 3」終了後、優秀80人程度を予選通過とします。

⑦ 本選
東京と大阪で開催されます。予選通過者を対象に実施します。課題に対し、自筆で小論文に挑戦します。総合的判断で優秀者を決定します。
※本選会場までの交通費は各自でご負担いただきます。

予選・結果発表日 ※スケジュールが変更になる場合があります。
予選 – 1 メールで、課題配信(5月23日AM10:00までに作品応募)
5月19日(木)
中間発表 『サンデー毎日』誌上およびニュースサイト『毎日新聞』にて
6月中旬
予選 – 2 メールで、課題配信(6月20日AM10:00までに作品応募)
6月16日(木)
予選 – 3 メールで、課題配信(7月4日AM10:00までに作品応募)
6月30日(木)
予選通過者発表 『サンデー毎日』誌上およびニュースサイト『毎日新聞』にて、全予選通過者発表
8月上旬
本選会 本選会場にて、課題発表。自筆の小論文
8月19日(金)
本選結果発表 『サンデー毎日』誌上、およびニュースサイト『毎日新聞』、(一社)建設広報協会HPで、結果発表
10月下旬頃
表彰
最優秀賞 1人(賞状+副賞)
優秀賞  2人(賞状+副賞)
佳作   15人(賞状+副賞)
学校賞  数校(賞状+副賞)※特に優秀な生徒を多く出した学校、または参加生徒の多い学校を表彰します

応募作品について
著作権は毎日新聞社に帰属します。

最優秀賞 1人(賞状+副賞)
優秀賞  2人(賞状+副賞)
佳作   15人(賞状+副賞)
学校賞  数校(賞状+副賞)※特に優秀な生徒を多く出した学校、または参加生徒の多い学校を表彰します

募集要項

コンペの応募内容
第16回インターネットによる高校生小論文コンテスト

大学入試においても、AO入試などでそのプレゼンテーション能力が一つの評価基準となりつつあります。

本コンテストは、自分の意見をいかに適切な言葉で表現するかを試すもので、表記の正確さをも求めます。日々の高校生活の中で培った問題意識を、文章を通じて表現することに挑戦してください。

毎日新聞社では、高校生に書くことの楽しさ、そして表現する場を提供するとともに、インターネットリテラシーの向上を目的として、このコンテストを開催します。
コンペの応募期間
2016年04月19日(火) から 2016年06月29日(水) まで
コンペの日程
予選・結果発表日 ※スケジュールが変更になる場合があります。

予選 - 1 メールで、課題配信(5月23日AM10:00までに作品応募)

5月19日(木)

中間発表 『サンデー毎日』誌上およびニュースサイト『毎日新聞』にて

6月中旬

予選 - 2 メールで、課題配信(6月20日AM10:00までに作品応募)

6月16日(木)

予選 - 3 メールで、課題配信(7月4日AM10:00までに作品応募)

6月30日(木)

予選通過者発表 『サンデー毎日』誌上およびニュースサイト『毎日新聞』にて、全予選通過者発表

8月上旬

本選会 本選会場にて、課題発表。自筆の小論文

8月19日(金)

本選結果発表 『サンデー毎日』誌上、およびニュースサイト『毎日新聞』、(一社)建設広報協会HPで、結果発表

10月下旬頃
参加方法
「事前エントリー制」です。あらかじめ、エントリーページからエントリーした方に、EメールでエントリーNoとパスワードが届きます。 予選各回、Eメールで課題が配信されます。
参加資格
現役高校生及び相当する高等専門学校生など (2016年4月現在)
著作権の取扱について
著作権は毎日新聞社に帰属します。
主催
毎日新聞社
お問い合わせ先
https://form.mainichi.jp/sp/ronbun/toiawase.html

こちらの問い合わせフォームからお問い合わせください。
公式ホームページ

[PR]第17回インターネットによる高校生小論文コンテスト - 毎日新聞

URL: http://mainichi.jp/sp/ronbun/

公式サイトのスクリーンショット