戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

「都美セレクション グループ展 2019」(Group Show of Contemporary Artists 2019)公募について

締切
2018年07月10日(火)
コンペの概要

2019年6~7月に開催するグループ展を公募します。

応募締切:2018年7月10日(火)[当日消印有効]

東京都美術館は、毎年、国内外の名品を紹介する特別展のほか、年間200を超える公募団体による公募展を開催し、約200万人以上の幅広い世代の来館者が訪れています。
「都美セレクション グループ展」は、当館の展示空間だからこそ実現可能な、新しい発想による作品の作り手3名以上を含むグループの展覧会企画を公募し、開催するものです。東京都美術館という場所の意味や、会場となる三つのギャラリー空間を活かした、従来の発想にとらわれない展覧会企画のご応募をお待ちしています。

(1) 施設使用料の免除
(2) ギャラリー利用時の仮設壁設営
(3) 広報活動の一部支援
(4) 当館学芸員による展示へのアドバイス
(5) 全グループ展共通のリーフレットおよび記録集の作成

募集要項

コンペの応募内容
募集内容東京都美術館ギャラリーで実施する、出品作家3名以上を含むグループによる展覧会企画を募集します
展覧会開催日程2019年6月から7月の4週間程度(搬入出・展示・撤去作業の日程を含む)
会場ギャラリーA・B・Cのいずれか
募集数3グループ程度
応募資格
下記のすべてに該当するグループ
(1)出品作家3名以上を含むグループであること
(キュレーター、デザイナー、マネージャー等、出品作家以外に運営を補助するメンバーを加えることも可とする。ただしその場合でも、出品作家は必ず3名以上であること)
(2)応募者および出品作家の年齢が18歳以上であること
(3)出品作家がこれまでに展覧会(グループ展などを含む)を1回以上開催したことがあること
(4)応募者を責任者とし、展覧会の開催・実施から撤去に至るまで責任を持って遂行できること

審査委員[順不同・敬称略] 大谷省吾(東京国立近代美術館美術課長)
大橋修一(埼玉大学名誉教授)
野地耕一郎(泉屋博古館分館長)
山村仁志(東京都美術館学芸担当課長)
コンペの応募期間
2018年04月02日(月) から 2018年07月10日(火) まで
コンペの日程
応募締切:2018年7月10日(火)[当日消印有効]
一次審査(書類審査)結果は2018年8月上旬に応募者に個別に連絡
二次審査(審査委員へのプレゼンテーション、質疑応答)9月上旬に当館内で実施
最終結果:2018年9月に二次審査対象者へ個別連絡し、当館ウェブサイトにて発表
参加方法
当館ウェブサイト(http://www.tobikan.jp/information/20180402_1.html
より、応募書類一式をダウンロードし、以下の提出書類を、東京都美術館 「グループ展 2019」担当 宛てに書留郵便にて郵送してください。
応募締切日:2018 年7 月10 日(火)(当日消印有効)
参加資格
下記のすべてに該当するグループ (1) 出品作家3 名以上を含むグループであること (キュレーター、デザイナー、マネージャー等、出品作家以外に運営を補助するメンバーを加えること も可とする。ただしその場合でも、出品作家は必ず3 名以上であること) (2) 応募者および出品作家の年齢が18 歳以上であること (3) 出品作家がこれまでに展覧会(グループ展などを含む)を1 回以上開催したことがあること (4) 応募者を責任者とし、展覧会の開催・実施から撤去に至るまで責任を持って遂行できること
著作権の取扱について
・作品の著作権は作家に帰属します。ただし、広報用に展覧会実施グループが館に貸出す出品作品等の画
像および館が撮影する展示記録画像や動画は、館の出版物や印刷物、ウェブサイト、広報、本展の関連制作
物等へ利用します。
・作品や関連イベント等に使用する音楽や写真など、他者の著作物、肖像については、応募者が使用許諾
等の権利処理を事前に行ってください。著作権等について第三者から異議申し立て、苦情などがあった場合、
当館は一切責任を負いません。
主催
東京都美術館
お問い合わせ先
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
東京都美術館「都美セレクション グループ展 2019」担当
03-3823-6921
公式ホームページ

「都美セレクション グループ展 2019」(Group Show of Contemporary Artists 2019)公募について|東京都美術館

URL: http://www.tobikan.jp/information/20180402_1.html

公式サイトのスクリーンショット