戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

ハレの福産良品ブランディングコンペティション

締切
2016年12月12日(月)
コンペの概要

障害のある方々が作った農作物や加工品のブランド化や高付加価値化等を図るためのデザインを募集します。
岡山県内では障害のある方々が丁寧に作った農産物や加工品がありますが、ブランド化や高付加価値化を意識して、その魅力・生産者のストーリー、美味しさ等をロゴやパッケージなどで効果的に伝えきれている例はまだ少ないのが現状です。
そこで、デザインの力によって、障害のある方々が作った農作物や加工品のブランド化や高付加価値化等を図るため、標記コンペティションを開催する運びとなりました。まず応募エントリーを受け付け、書類選考後にデザインコンペを実施し、商品のブランディングデザインを作成していきます。
一人でも多くのデザイナーの皆様から、素晴らしいデザイン提案をいただきたいと考えております。

○デザイン採択の場合、ブランディングデザイン担当者には、デザイン料※として約20万~30万円(制作項目が2~3個の場合。全て担当者で完成させる場合。あくまで目安です。)を支払います。
※具体的なデザイン料は、商品・テーマ毎に制作内容・項目数等によって選考委員において決定します。
○デザインコンペ参加者(一次選考通過者)には、コンペ料として2万円を支払います。

募集要項

コンペの応募内容
商品・テーマのブランディングデザイン
※コンペティションの募集要項等の詳細・スケジュール及び対象となる9商品・テーマの参加事業所・内容等については、特設サイト(http://smilusive.main.jp/harefukusan.html)をご参照ください。
コンペの応募期間
2016年11月15日(火) から 2016年12月12日(月) まで
コンペの日程
■応募エントリ-

「ハレの福産良品 ブランディングコンペティション」特設サイトを見て、ブランディングデザインしたい商品・テーマについて、所定の応募用紙に氏名・住所・実績・作品履歴等を記入し、過去のデザイン業務内容がわかるもの(写真画像等5点程度、学生部門は課題等内容のわかるもの3点程度)を添付して、郵送またはメールで送付してください。



■一次選考(書類選考)

選考委員会を開催し、応募エントリーで提出のあった書類について、二次選考(デザインコンペ)の対象者を選考します。

郵送にて結果を通知します。結果通知は平成28年12月下旬頃を予定しています。

 ↓

■二次選考(デザインコンペ)

 一次選考通過者から、具体的なブランディングデザインの提案を行っていただきます。一次選考と同じ選考委員の審査により、商品・テーマごとにブランディングデザイン担当者を決定します。提出物などの詳細は特設サイトをご覧ください。

郵送にて選考結果を通知します。結果通知は平成29年2月初旬頃を予定しています。



■ブランディングデザイン作成

 福祉事業所のニーズや、本プロジェクトのコーディネーター(選考委員)の意見等も参考にしながら、ブランディングデザイン担当者において、デザインコンペ時の内容をブラッシュアップして商品化・実用化を目的としたブランディングデザインを、平成29年3月までに完成していただきます。

参加方法
「ハレの福産良品 ブランディングコンペティション」特設サイトを見て、ブランディングデザインしたい商品・テーマについて、所定の応募用紙に氏名・住所・実績・作品履歴等を記入し、過去のデザイン業務内容がわかるもの(写真画像等5点程度、学生部門は課題等内容のわかるもの3点程度)を添付して、郵送またはメールで送付してください。
参加資格
○一般部門(全商品・テーマ):国内のプロデザイナー(個人)、○学生部門(2テーマ):国内の学生※(個人またはグループ)
著作権の取扱について
○応募作品は、未発表のオリジナル作品で、第三者の知的財産を侵害していないものに限ります。

○本展で入手した個人情報は、主催者ならびに主催者の委託を受けた者が当該事業の実施に必要な範囲でのみ利用し、本人の許諾なしに第三者への提供等は一切しません。
主催
岡山県
お問い合わせ先
〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6 岡山県庁5階
岡山県保健福祉部障害福祉課 障害福祉企画班
「ハレの福産良品 ブランディングコンペティション事務局」
TEL:086-226-7343
FAX:086-224-6520
shofuku@pref.okayama.lg.jp
 (電子メールで提出する場合は10MG程度以内で送信してください。)
公式ホームページ

URL: http://smilusive.main.jp/harefukusan.html

公式サイトのスクリーンショット