戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

主婦がへそくりしてでも買いたくなる伝統工芸品!匠の技コンテスト

締切
2018年07月31日(火)
コンペの概要

伝統工芸をテーマに開催致します。
特に、開催地 茨城県・牛久を中心とした自慢の伝統工芸品など,
世界に誇れる日本の匠の技を、全国・世界に発信すること、また、 日本には伝統的な素晴らしい技術があるということを子ども達に啓蒙することを目的に、「匠の技コンテスト」を開催致します。
伝統工芸品を次世代の子ども達に伝えていくには、生活の中で使われることが大切です。
家庭の中で、どんな道具を使うか、どんな作品を飾りたいかを選び、その使い方や大切さを子どもに伝える役割の大半は、その家庭の主婦が担っています。その主婦が、へそくりをしてでも、この価格でこの作品なら、ぜひ購入したい!
子どもにも、その良さを伝えたい!と思ってもらえることが、需要につながっていきます。
現代は、ネットやカタログなど、情報のみで購入を決めることが多くなってきていますので、作品の魅力をいかに紹介できるかも、需要につながる大きな要素になっていきます。
応募用紙の内容と作品の写真が、いかに魅力的で主婦が思わず購入したくなるかが審査基準となります。

(1)最優秀作品賞
各部門 (1名) 賞状と記念品を贈呈
(2)優秀作品賞
各部門(1名) 賞状と記念品を贈呈
(3)審査員特別賞
各部門 (1名) 賞状と記念品を贈呈
※記念品は、環境省推奨「エコアクションポイント」

募集要項

コンペの応募内容
【要項】
どなたでもご応募できます。応募区分はございません。

応募用紙をホームページからダウンロードし、必要事項を明記して下さい。
応募数はお一人につき一点と致します。
応募用紙に郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号をご記入ください。

作品の写真1枚と応募用紙をご記入いただき、PR欄に、伝統工芸品としての、制作意図、技法、素材、用途、寸法(縦横高さ)などを簡潔にご記入ください。生活の中で使い続けたくなるようなセールスポイントなど、世界に誇れる日本の伝統工芸品の魅力をご紹介ください。

「匠の技コンテスト」受賞者は、受賞作品を当日会場にご持参ください。
ステージ上で、受賞者より、作品について紹介をしていただきます。
希望者はFUJI GLOBAL楽市楽座へ出展していただけますので、お申込みください。
コンペの応募期間
2018年05月01日(火) から 2018年07月31日(火) まで
コンペの日程
【審査】
各分野の専門家等から成る審査委員会において、選考致します。
(平成30年8月中旬頃)

【審査結果発表】
(1)受賞者への通知をもって発表とさせていただきます
(平成30年8月下旬~9月初旬頃)。
(2)入選外の方への通知は省略させていただきます。

【表彰式】
(1)「最優秀作品賞」「優秀作品賞」「審査員特別賞」の各受賞者を対象に表彰式 を行います。〔平成30年9月30日(日)〕
(2) 当日欠席される受賞者に対しては、賞状等の送付をもって表彰に    代えさせていただきます。
参加方法
応募用紙及び作品となる写真は郵送にてお送りください。

送り先
〒403-0022 山梨県南都留郡西桂町小沼1598-1
(担当:NPO法人 地球と共に生きる会)
TEL:0555-29-2201   モバイル:080-4670-1560
宛名「FUJISAN地球フェスタWA実行委員会 省庁後援コンテスト係」
参加資格
不問
著作権の取扱について
【作品の使用等】
(1) 受賞作品や当日撮影された映像・画像については、各種パンフレット等に活用するほか、関連行事等での展示も行います。優秀作品は、FUJISAN 地球フェスタ WA ホームページや後援団体が作成する広報誌等に掲載するほか、報道機関等に資料を提供するなど、広く発表致します。
なお、この場合、作品の一部短縮等が行なわれることがあります。

(2) 発表時にご本人の紹介を致しますので、ご了承いただける方は、ご応募の際、写真の添付をお願い致します。

(3) 応募写真の著作権は主催者側に帰属するものとし、応募写真は返却致しません。
応募写真の著作権等について第三者から異議の申し立て、苦情などあった場合、主催者は一切の責を負わないものと致します。

主催
FUJISAN地球フェスタWA実行委員会
お問い合わせ先
FUJISAN地球フェスタWA実行委員会 事務局
〒403-0022
山梨県南都留郡西桂町小沼1598-1
TEL:080-4670-1560
公式ホームページ

FUJISAN地球フェスタ WA 2018 | トップページ

URL: http://www.chidama.net/festa_top.html

公式サイトのスクリーンショット