戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

富山ガラス大賞展2018

締切
2018年03月20日(火)
コンペの概要

現代ガラス芸術の世界では、1950年代のチェコや1960年代のアメリカでガラスを芸術表現の素材として用いる新しい造形運動が起こりました。現在、半世紀以上の歴史を積み重ねて成熟の時を迎えていますが、まだまだ汲み尽せない無限の可能性を秘めています。
富山市ガラス美術館では、世界の現代ガラス芸術の最新の成果を集め、その芸術性を評価するとともに、21世紀の多様な造形表現への新たな展望を開くために、トリエンナーレ形式でこの国際ガラス公募展を開催します。

最高賞金
300 万円
大賞(Grand Prize)  1点
副賞 3,000,000円
金賞(Gold Prize)   1点
副賞 1,000,000円
銀賞(Silver Prize)   5点
副賞  200,000円
※大賞と金賞の受賞作品は、富山市ガラス美術館に寄贈していただくことが基本条件となります。
※副賞は所得税を控除した金額をお支払いします。

募集要項

コンペの応募内容
応募資格
国籍、年齢を問わず応募できます。

出品申込料 
無料

作品規定
(1)ガラスを主体とした芸術作品とします。
(2)ジャンルや機能は問いません。
(3)2016年以降に制作された作品とします。
(4)他の公募展に応募していない作品とします。
(5)1人(1グループ、1団体)2点までとします。
(6)作品のサイズは1点(組)につき、高さ・幅・奥行の総計が240㎝を超えないものとします。
(7)インスタレーションの場合、作品を設置したときの床面積が9㎡、高さが3.3mを超えないものとします。
(8)作品の重量は、100kg以下とします。
(9)作品の設置に特別な器具などを必要とする場合は、あらかじめそれらが施されていることとします。
コンペの応募期間
2017年09月01日(金) から 2018年03月20日(火) まで
コンペの日程
(1)1次審査(画像審査)

2018年4月26日(木)に画像と応募資料による審査を行ないます。

(2)結果通知

1次審査通過者には、書面およびE-mailで審査結果を通知し、同時に出品要項をお送りします。

(3)2次審査(実作品審査)

2018年6月30日(土)及び7月1日(日)に実作品による本審査を行ない、各賞を選定します。

(4)2次審査結果発表と講評会

2018年7月1日(日)に講評会を開催し、受賞作品の結果発表を行います。

結果は、ホームページに掲載し、報道機関に情報提供するほか、国内の主要な美術、

デザイン、工芸関係の団体や海外ガラス専門誌等の様々なメディアに情報提供します。

審査結果は、出品者全員に書面でも通知します。

※作品の返却は入選作品(1次審査通過作品)を展示する展覧会「富山ガラス大賞展2018」

終了後となります。

■展覧会

会期:2018年9月15日(土)~11月25日(日)

会場:富山市ガラス美術館

出品作品:入選作品(1次審査通過作品)



参加方法
ウェブサイト、または「郵送」での応募方法があります。
応募方法等の詳細は、以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.toyama-glass.jp/ (富山ガラス大賞展2018ウェブサイト)

参加資格
不問
著作権の取扱について
詳細は「富山ガラス大賞展2018」のウェブサイトをご覧ください。
主催
富山ガラス大賞展実行委員会、富山市、富山市ガラス美術館
お問い合わせ先
富山市ガラス美術館内(〒930-0062富山県富山市西町5番1号) 
富山ガラス大賞展実行委員会事務局
E-mail: toyama-glass@city.toyama.lg.jp
公式ホームページ

富山ガラス大賞展2018

URL: http://www.toyama-glass.jp/

公式サイトのスクリーンショット