戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

歴史的空間再編コンペティション 2015《学生限定》

締切
2015年10月19日(月)
コンペの概要

金沢市は学術文化都市として発展してきました。学生がまちなかに集い,市民と交流する姿は,「学生のまち・金沢」のにぎわいと活力の象徴となっています。学都金沢としての伝統と誇りを 継承発展させるために、平成22年に全国に先駆けて、 「金沢市における学生のまちの推進に関する 条例」を制定し、「学生のまち・金沢」を全国に発信しています。

金沢のまちは、時代の重層した歴史的空間をその都市構造とともによく残しています。その個性的な空間を舞台に、固有の文化・芸術が育まれてきました。歴史的なまちなみと人々の暮らしや文化が積極的にまちづくりに生かされています。

本コンペティションは、「学生のまち・金沢」「歴史都市・金沢」に全国の学生が集い、歴史的な空間との対話を通して、学び合い競い合うことで、新しい価値が生まれる学びの場をつくろうとするものです。

最高賞金
30 万円
グランプリ:30万円  準グランプリ:15万円  3位:5万円

募集要項

コンペの応募内容
全国に存在する歴史的空間を再編しようとする 設計作品。 ■テーマ:歴史的空間の再編  ■再編のキーワード:「歴史文化遺産(建築、まちなみ、景観)」、「無形文化遺産(祭り、芸能、人)」、「近代産業遺産」、「農業遺産(里山、里海)」、「ものづくり」、「民芸・工芸」、「エコロジー」、「サスティナビリティー」、「リージョナリズム」、「リノベーション」、「コンバージョン」、「ノスタルジー」、「系譜学」など  ※応募にあたり、歴史的空間をどのように解釈して再編集したかを明確に表現してください。  ※詳細は主催者ホームページ参照
コンペの応募期間
2015年10月19日(月) まで
コンペの日程
参加登録期間:7月1日(水)〜10月19日(月)  1次審査:10月21日(水)〜10月23日(金)  グランプリ大会(2次審査および本審査:提出期間:11月18日〜11月20日
参加方法
参加登録フォームより参加登録。1次審査用のパネル及びエントリーシートを直接持込みor宅配便。 <提出物>パネル:A1サイズ1枚(縦横自由)・エントリーシート:指定様式・パネルデータ:JPEG (3MB以下)  ■送付先:金沢学生のまち市民交流館(金沢市片町2丁目5-17)  ※直接持ち込む場合は、10〜18時にお願いします。  ※詳細は主催者ホームページ参照
参加資格
日本国内の大学、大学院、短大、高等専門学校、専門学校等に所属する学生が対象です。ただし、過去1年以内に大学等に在籍していた方も、学生時代に設計した作品で応募することができます。 (複数の学生による共同提案も可)
著作権の取扱について
著作権は応募者に帰属しますが、プログラムなどへの掲載や入賞作品を発表など応募作品の公表に関する権利は主催者が保有します。
主催
歴史的空間再編学生コンペ実行委員会
審査員
小野田泰明(東北大学大学院教授) 塚本由晴(東京工業大学教授、アトリエ・ワン) 宮下智裕(金沢工業大学准教授) 青井哲人(明治大学准教授) 阪井暖子(前国土交通省国土交通政策研究所) 松田 達(武蔵野大学専任講師、松田達建築設計事務所代表)
お問い合わせ先
お問い合わせ専用メールアドレス:toiawase@kanazawagakusei-compe.com
公式ホームページ

歴史的空間再編コンペティション2015 ~第4回「学生のまち・金沢」設計グランプリ~

URL: http://www.kanazawagakusei-compe.com/2015/

公式サイトのスクリーンショット