戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

第11回 橋コンテスト作品募集

締切
2016年09月02日(金)
コンペの概要

新聞紙とのりだけで橋を制作し、作品のデザインや強度を競い合うコンテスト。
資源のリサイクルや構造物の力学的な技術を肌で感じていただき、モノづくりに興味を持っていただくことを目的に開催しています。
お子様の夏の自由研究の題材にもぴったりです。
ぜひ、気軽に応募してみませんか?

〈一般の部、中学生の部〉
■耐荷の部:最優秀賞 (中学生以下)副賞3万円相当・(一般)副賞5万円相当
・第2位 2万円相当の副賞 (中学生以下)副賞2万円相当・(一般)副賞3万円相当
・第3位 1万円相当の副賞
■軽量の部 一般:・最優秀賞 副賞3万円相当  ・優秀賞 副賞2万円相当
■デザインの部:・最優秀賞 副賞3万円相当  ・優秀賞 副賞2万円相当  ・特別賞 副賞5000円
〈団体の部〉
■耐荷の部:・第1位 副賞10万円  ・第2位 副賞5万円相当  ・第3位 副賞3万円相当  ・新記録賞 3万円相当の副賞

募集要項

コンペの応募内容
〈一般の部〉
■耐荷の部:
・無差別級:作品の真ん中におもりを下げ、どれだけの重さに耐えられるのかを競い合う。
・10cm以下級:無差別級の条件に加え、競技台の上面から下部分が10cm以下という制限の中で製作し、作品の真ん中におもりを下げ、どれだけの重さに耐えられるのかを競い合う。
■軽量の部:1㎏のおもりに耐える橋を、いかに軽く作るかを競い合う。
■デザインの部:独創性・機能性・企画力など、与えられたテーマに沿ったデザインを競い合う。※テーマ「日本の橋」
〈中学生以下の部〉
■耐荷の部:作品の真ん中におもりを下げ、どれだけの重さに耐えられるのかを競い合う。
■デザインの部:独創性・機能性・企画力など、与えられたテーマに沿ったデザインを競い合う。※テーマ「日本の橋」
〈団体の部〉
■耐荷の部:3名以上5名までの1チームで3橋を制作し、どれだけの重さに耐えられるかを競い合う競技
※詳細は主催者ホームページ参照
コンペの応募期間
2016年09月02日(金) まで
コンペの日程
参加方法
応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、期限内に作品と一緒に郵送または持込みで提出。
※団体の部は応募用紙を郵送またはメール、作品は決勝大会に持参。
■個人戦作品受付先:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦一丁目6番38号 錦エムワンビル5F
株式会社ディスタッフ・イベントス「新聞紙で作る高速道路“橋”コンテスト作品受付」係
受付時間 / 10:00-17:00(平日のみ)
※詳細は主催者ホームページ参照
参加資格
不問
主催
中日本高速道路株式会社 名古屋支社
審査員
山田 健太郎(名古屋大学 名誉教授)  齋田 太郎(中日新聞社 編集局中日スポーツ総局 局次長)  鈴木 森晶(愛知工業大学 工学部 土木工学科 教授)  水尾 衣里(名城大学 人間学部 教授)
お問い合わせ先
「新聞紙で作る高速道路"橋"コンテスト」事務局 中日本高速道路株式会社 名古屋支社 企画調整チーム内まで
TEL.052-222-1181(代) FAX.052-232-3748
e-mail:bridge-contest@c-nexco.co.jp
※お問い合わせは、9:00 - 17:00(平日のみ)
公式ホームページ

第12回新聞紙で作る高速道路“橋”コンテスト

URL: http://bridge-contest.jp/

公式サイトのスクリーンショット