戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

第13回 「60歳からの主張」

締切
2016年11月13日(日)
コンペの概要

 これまで応募された作品には、今日の国づくりの一端を担ってきた60歳以上の方々の生き方や知恵がたくさん詰まっています。
少子高齢化、人口減少社会に対する社会保障制度のあり方への不安や不満、今日の日本への提言・苦言などを訴える作品はもちろん、応募者の多くが人生を楽しみ、前向きに、素敵に年を重ねているということや、生きがいを見つけ、人生をエンジョイしているということが特徴です。そして、高齢者といわれる年齢になってからも新たな挑戦に取り組む方々が多く見受けられます。
 社会保障を“私たちが生まれてから最期を迎えるまでの生活の全て”と考え、例えば、「超高齢社会を生きる」「次の世代に伝えたいこと」「自らのエンディングノートを考える」といったテーマで幅広い分野における様々なご意見・ご要望・アイデアを募集します。

■「エッセイ・小論文」部門:優秀賞1名(賞金30万円)、入賞者3名(賞金5万円)、特別賞1名(賞金10万円)
■「川柳」部門:優秀賞1名(賞金10万円)、入賞者7名(賞金5万円)、特別賞2名(賞金5万円)

募集要項

コンペの応募内容
テーマにそった未発表のエッセイ・小論文、または川柳
■テーマ A.社会保障についてのご意見:①子ども・子育て支援 ②雇用 ③医療・介護 ④年金改革 等についてのご意見、ご要望・アイデアを募集。
B.自由課題:「超高齢社会を生きる」「次の世代に伝えたいこと」「“60歳 ” からのエンジョイライフ」等、タイトルやテーマは自由とする
■部門 :①エッセイ・小論文(1500字以内。※必ず題名をつけること) ②川柳
コンペの応募期間
2016年11月13日(日) まで
コンペの日程
参加方法
エッセイ・小論文または川柳作品と必要事項を記入し、封書・ハガキにて郵送、もしくはメールにて送付
■応募先:郵便/〒104-0032 東京都中央区八丁堀 3-1-3 飯野ビル 3 階 「60歳からの主張」事務局  E-mail / info@60sai.jp (件名/作品応募)
参加資格
満60歳以上の男女(昭和31年/1956年12月31日以前に生まれた方)
著作権の取扱について
応募作品の出版権その他すべての権利は、主催者に帰属します。
主催
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会
審査員
田中一昭(拓殖大学名誉教授)  吉永みち子(ノンフィクション作家)  草野 仁(TVキャスター)
お問い合わせ先
「60 歳からの主張」事務局 
TEL 03-3555-2727 ※平日(土日祝を除く)午前 10 時から午後 5 時まで   FAX 03-3555-9652
E-mail info@60sai.jp
公式ホームページ

全国老人福祉施設協議会

URL: http://www.roushikyo.or.jp/cms//index.html

公式サイトのスクリーンショット