戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

第21回文化庁メディア芸術祭

締切
2017年10月05日(木)
コンペの概要

文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。平成9年度(1997年)の開催以来、高い芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を顕彰するとともに、受賞作品の展示・上映や、シンポジウム等の関連イベントを実施する受賞作品展を開催しています。
第20回は、世界88の国と地域から4,034点に及ぶ作品の応募がありました。文化庁メディア芸術祭は多様化する現代の表現を見据える国際的なフェスティバルへと成長を続けています。 また、文化庁では、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的に、文化庁メディア芸術祭の受賞作品を国内外で広く紹介する多彩な事業を実施しています。海外・国内展開や創作活動支援等の関連事業を通じ、次代を見据えたフェスティバルを目指しています。
21回目となる今年度も、世界中から作品を広く募集します。プロ、アマチュア、自主制作、商業作品を問わず、インタラクティブアート、映像、ウェブ、ゲーム、アニメーション、マンガをはじめとするメディア芸術の広範な表現による多彩な作品をお待ちしています。

募集期間:2017年8月1日(火)~ 10月5日(木) 日本時間 18:00 必着
http://festival.j-mediaarts.jp/entry/entry-guidelines

最高賞金
60 万円
メディア芸術祭賞(文部科学大臣賞)
大  賞: 賞 状 、トロフィー 、副賞60万円
優 秀 賞 : 賞 状 、トロフィー 、副賞30万円
新 人 賞 : 賞 状 、トロフィー 、副賞20万円
功 労 賞 : 賞 状 、トロフィー
このほか、優れた作品を審査委員会推薦作品として選定します。

募集要項

コンペの応募内容
アート部門
インタラクティブアート、メディアインスタレーション、映像作品、映像インスタレーション、グラフィックアート(写真を含む)、ネットアート、メディアパフォーマンス等

エンターテインメント部門
ゲーム(テレビゲーム、オンラインゲーム等)、映像・音響作品(ミュージックビデオ、自主制作・広告映像等)、空間表現(特殊映像効果・演出、パフォーマンスを含む)、ガジェット(プロダクト、ツールを含む)、ウェブ(ウェブプロモーション、オープンソースプロジェクトを含む)、アプリケーション等

アニメーション部門
劇場アニメーション、短編アニメーション、テレビアニメーション、オリジナルビデオアニメーション(OVA)等

マンガ部門
単行本で発行されたマンガ、雑誌等に掲載されたマンガ(連載中の作品を含む)、コンピュータや携帯情報端末等で閲覧可能なマンガ、同人誌等の自主制作のマンガ等
コンペの応募期間
2017年08月01日(火) から 2017年10月05日(木) まで
コンペの日程
作品募集   2017年8月1日(火)~10月5日(木) 日本時間 18:00 必着

受賞発表   2018年3月

贈 呈 式   2018年6月12日(火)

受賞作品展 2018年6月13日(水)~ 24日(日) 会場:国立新美術館(東京・六本木)
参加方法
公式サイトにてご確認ください。
参加資格
公式サイトにてご確認ください。
著作権の取扱について
応募する作品が下記に該当するかを必ず確認の上でご応募ください。

2016年9月10日(土)から2017年10月5日(木)までの間に完成または、すでに完成してこの期間内に公開された作品。
※更新、リニューアルされた作品で上記期間中に完成、または発表された作品も応募可能です。
※応募する作品数に制限はありませんが、同一の作品を複数の部門に重複して応募することはできません。

応募者は作品の著作権を有することが必要です。
代理の方が応募する場合は、必ず著作権者に承諾を得てください。
※応募申込をもって、応募者および作者の同意を得られたものとします。
※募集要項・文化庁メディア芸術祭[受賞作品展・コンテスト]ウェブサイトに記載された応募規定を必ずお読みいただき、同意の上でご応募ください。
主催
文化庁メディア芸術祭実行委員会
お問い合わせ先
文化庁メディア芸術祭事務局[CG-ARTS内]
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-16
Tel: 03-3535-3501 ※受付時間:平日10時~18時
Email: jmaf@cgarts.or.jp
公式ホームページ

文化庁メディア芸術祭 – JAPAN MEDIA ART FESTIVAL

URL: http://festival.j-mediaarts.jp/

公式サイトのスクリーンショット