戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

第4回ウェルフェアデザインコンテスト

締切
2017年01月25日(水)
コンペの概要

現在日本の高齢者(65歳以上)人口は3384万人、総人口に占める割合は26.7%と過去最高となり、80歳以上人口は初めて1000万人を超えました(平成27年9月現在)。高齢化は今後さらに進み、2060年には2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上、 1人の高齢者を1.3人の現役世代(15~64歳)で支える社会になると予測されています。 〔出典:総務省統計局「人口推計」「平成27年版高齢社会白書」〕
こうした高齢者人口の増加に伴って、シニアの生き方や価値観にも変化が見られ、介護・福祉の分野では、多様化するシニアのライフスタイルに合わせた利便性と安全性、スマートなデザイン性を兼ね備えた製品やサービスが求められています。
また、シニアに限らず、身体機能や感覚機能に衰えや障害がある人でもスポーツやレクリエーション等を自由に楽しめるシームレスな社会を実現することは、市民のQOL(生活の質)向上のための重要な要素です。
そこで、医療ネットワーク支援センターでは、2013年度より、介護・福祉分野、デザイン分野と連携し、誰もが健康的で豊かな人生を享受できる社会の実現を市民と共に考えるきっかけとして、『ウェルフェアデザインコンテスト』を開催しています。
今年度も3部門で、日常生活やスポーツ、レジャー、介護、災害等の非常時など、様々な場面で人々の身体機能や感覚をサポートする器具やシステム等のデザインを募ります。介護・福祉分野に関心を持つ若い皆様の自由な発想による意欲的な作品をお待ちしています。
また、今回新たに「ホスピタリティ アイデア部門」として、患者や被介護者の安全や QOL向上のための工夫・改善など、医療・介護に携わった経験のある方からのアイデアを募集します。皆様のご応募をお待ちしています。

最高賞金
20 万円
最優秀賞(1名):賞金20万円、副賞
部門賞(各部門1名): 賞金3万円、副賞
入選(5名):記念品
奨励賞(1名):賞品

募集要項

コンペの応募内容
◆募集部門
応募する作品(プロダクト、システム、サービスなど)が合致すると思われる部門を 以下の3部門より選択し、ご応募ください。
1作品につき、応募できるのは1部門のみとなります。

『アクティブライフ部門』
日常生活やスポーツ、社会活動などを行っていく上で、可能な限り自然な動きや状態で 活動に取り組むことをサポートするデザイン
例)・歩行やレジャー、スポーツ等を楽しむ際に、移動や身体動作をサポートするもの

『インフラストラクチャー部門』
自宅や職場、公共施設などの環境・空間において、全ての人々が正しく効率的に動ける
ように周囲の環境を整えるデザイン
(例)・横断歩道やエレベーター、リフトなどの公共インフラ
・リビングやバスルーム等の生活空間
・職場のデスクや会議室等の仕事環境

『センスウェア部門』
あらゆる場面において、誰もが円滑なコミュニケーションを図れるように、利用者の 感覚機能(五感…見る、聞く、触れる、味わう、嗅ぐ)等を補完、発展させるデザイン
(例)・アイウェアや補聴器などのウェアラブルなもの
・利用者の感覚器をサポートし、コミュニケーションツール(電話、メール等)を円滑に利用するためのもの

《特別募集》 『ホスピタリティ アイデア部門』
患者さんや被介護者の安全やQOL(生活の質)向上のための工夫や改善など、 医療・介護に携わった経験のある方の実体験から生まれた様々なアイデアを募集! ベストアイデア賞(1名または1グループ)には賞品を授与します。
*応募方法等の詳細は、コンテスト専用サイトで特別募集の募集要項をご覧ください。
コンペの応募期間
2016年11月01日(火) から 2017年01月25日(水) まで
コンペの日程
募集(応募受付)期間

2016年11月1日(火)~ 2017年1月25日(水)17:00必着
参加方法
◆応募方法
募集要項を熟読し、応募に際しての注意事項や権利規定など詳細を確認の上、下記の提出物(①応募用紙 ②作品プレゼンテーションシート)を事務局宛てに送付してください。

提 出 物
①応募用紙
所定の応募用紙(A4)に必要事項を記入し、署名捺印の上、②の作品プレゼンテーションシートと共にお送りください。
※応募用紙はコンテスト専用サイト(6頁参照)からダウンロードしてください。
②作品プレゼンテーションシート
A3用紙(幅297 mm×高さ420mm)縦4枚のおもて面に、以下の必須要素(ア)~(オ)を配置し、コンセプトやアピールポイントが端的に伝わるように表現してください。
各要素のレイアウトは自由です。
各ページのうら面には(キ)の要素(氏名とページ番号 P1~P4)を記入してください。
また、1ページ目のうら面には(カ)の要素も忘れずに記入してください。

<必須要素>
(ア) 作品タイトル、一般名称(器具等の名称)
(イ) 応募部門名
(ウ) 作品のコンセプト
(エ) アピールポイント、考察(テーマをどのように捉えたか)
(オ) 全体図(スケッチ、設計図、模型写真 等で自由に表現して下さい)、使用するシーンや使い方の説明等
(カ) 学校名・学部学科名・学年(または所属先)
(キ) 氏名、ページ番号
参加資格
(1)介護・福祉分野のデザインに関心を持つ全国の大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校の学生、また卒業生(2017年1月25日の締切時点で35歳未満)の個人及びチーム(2名まで)。 (2)性別、職業、国籍は問いません。(3)『ホスピタリティ アイデア部門』に関しては 医療・介護に携わった経験のある方。
著作権の取扱について
受賞作品が決定した場合、当該受賞作品の日本および世界の全ての国の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権(著作権法第27条および第28条所定の権利を含む)に関する全ての権利(以下、「知的財産権」という)は主催者に帰属するものとします。
○受賞作品の応募者(以下、「受賞者」という)は、主催者に当該受賞作品に関する知的財産権を譲渡するものとし、主催者からの賞金は知的財産権の譲渡対価とします。また受賞者は主催者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。
○応募作品に関する知的財産権は、受賞作品(最優秀賞、各部門賞、入選、奨励賞等)を除き、応募者に帰属します。
○募集要項に記載された事項以外について取り決める必要が生じた場合は、主催者の判断により決定します。応募者は、その内容に同意できない場合、応募を撤回できますが、主催者は 応募に要した一切の費用は負担いたしません。
○応募作品が、既発表のデザイン・アイデアと同一または酷似している場合、または第三者の知的財産権の侵害となる場合(応募後に侵害となった場合を含む)は受賞結果発表後であっても受賞を取り消す場合があります。
主催
特定非営利活動法人 医療ネットワーク支援センター
お問い合わせ先
特定非営利活動法人 医療ネットワーク支援センター内
ウェルフェアデザインコンテスト事務局 (担当:清水)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-15-1-412
電話 03-6911-0582 FAX 03-6911-0581
Mail info@medical-bank.org
コンテスト専用サイト⇒ http://wel-con.org
公式ホームページ

ウェルフェアデザインコンテスト

URL: http://wel-con.org/index.html

公式サイトのスクリーンショット