戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

第4回 SRF賞

締切
2016年01月31日(日)
コンペの概要

“近い将来、富士山などの大噴火、南海・東南海地震、関東地方の直下型地震などが相次いで発生する可能性がある。”と言われています。歴史だけでなく、近年の地震活動の統計的な分析からも、東京、大阪などでは今後 30 年以内にはほぼ確実に直下型地震が発生すると言われています。
構造品質保証研究所では、これまで、1923 年の関東大震災、1995 年の阪神淡路大震災などの過去の震災を教訓として地震対策を行って来ました。しかし、幾つもの大震災を経験し、これからも発生が予測されている現代では、過去を振り返るだけでなく、次の震災までに何が必要かという意識で地震対策を考え直す必要があります。これまでの考え方や技術に頼るだけでなく、私たち一人ひとりが問題を見出し、対策を考え、実行することが求められています。
第 4 回 SRF 賞では、“次の大震災があと数年で東京、大阪などの大都市で発生する”と仮定し、その時何が起きるかを考え、どうしたら良いか、それまでに私たちに何ができるかに関するアイディアを募集します。

最高賞金
100 万円
【学生部門】●大賞(1作品) 100万円 ●優秀賞(1作品) 50万円 ●佳作(1作品) 10万円 【一般部門】●大賞(1作品) 100万円 ●優秀賞(1作品) 50万円 ●佳作(1作品) 10万円

募集要項

コンペの応募内容
次の震災まで数年と仮定し、安全で快適な街を創る新しいアイディアを募集。  テーマ「みんなで考える安全で快適な街づくり」
コンペの応募期間
2015年09月01日(火) から 2016年01月31日(日) まで
コンペの日程
参加方法
公式ホームページから応募。  ■応募形式:・A3サイズレジュメ(1枚:内容を要約したもの)+A4サイズ文書(何枚でも可)。  ・A3サイズレジュメの書式・体裁は自由です。A4サイズ文書はMicrosoft Word 等の文書作成ソフトを使用し、縦型かつ横書きで、約40文字×30行(1枚につき1200~1400 字以内)におさめ、PDFで保存  ※データの容量が.きく応募フォームがご使用いただけない場合は、別途ご連絡ください。
参加資格
不問
著作権の取扱について
応募作品の著作権は当該応募者に帰属 個⼈情報は選考、発表に関わる事項以外には使⽤しない ⼊賞作品の発表時には、⽒名、年齢、所属企業、学校などを公表
主催
SRFグループ(構造品質保証研究所/SRF建設)
審査員
伯野 元彦(東京⼤学名誉教授 元東京⼤学地震研究所所⻑) 壁⾕澤 寿海(東京⼤学地震研究所教授) 團 紀彦(建築家) 代表取締役社⻑ ⽯⼦ 達次郎(株式会社⽇進産業) 五⼗嵐 俊⼀(構造品質保証研究所株式会社 代表取締役社⻑)
お問い合わせ先
件名に「第4回SRF賞」とご記載の上、メールにてお問い合わせください。 Email:srfhq@sqa.co.jp SRF賞事務局
公式ホームページ

「みんなで考える安全で快適な街づくり」のアイデアを募集!

URL: http://www.srfcon.com/

公式サイトのスクリーンショット