戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

第52回 神奈川県美術展《全国公募》

締切
2016年07月17日(日)
コンペの概要

神奈川県美術展は、今年で第52回を迎える県下最大規模の公募美術展です。美術活動の盛んな神奈川県において、歴史と実績のある美術展として、例年多くの方からご応募をいただいております。
入賞を契機に芸術家として活躍の場を広げる方も多いことから、新進芸術家の登竜門として高く評価されてきました。
また今年より、更なる活性化と新たな展開をめざし、全国公募を開始いたします。県内はもちろん全国から広く作品を募集いたします。

最高賞金
200 万円
大賞  賞金200万円(平面立体部門/1名 )、 賞金50万円(工芸・書・写真部門 /各1名)  その他  準大賞、特選、かながわ賞ほか

募集要項

コンペの応募内容
未発表のアート作品。
■募集部門:平面立体/工芸/書/写真(4部門)
※未発表の作品とは、公募展、コンクール等で入賞・入選をしていない、過去1年以内に制作された作品。写真部門については、撮影日は問いません。
■平面立体部門:平面 大きさ 238×238cm以内(額装後のサイズ) ガラス額装は不可、アクリル可
■工芸部門:重量100Kg以内  壁面利用の作品は238×400cm以内
■書部門:4サイズ(182×61cm(6×2尺)・152×73cm(5×2.4尺)・121×91cm(4×3尺)・篆刻 縦39×横30cm(5印以内・印影のみ))のみ(すべて額装または枠装仕上げ・ガラス額装は不可・縦横自由)
■写真部門:審査用写真の大きさ:四切相当サイズ(ワイド、A4可) 単写真または組写真、デジタル可
※詳細は主催者ホームページ参照
コンペの応募期間
2016年07月17日(日) まで
コンペの日程
参加方法
「作品応募要項」に添付された出品申込書等に必要事項を記入し、出品料をお持ちのうえ、搬入日に作品を搬入。■出 品 料: [平面立体・工芸・書] 1点につき7,000円 [写真] 3枚まで5,000円 ※4枚目以降、1枚につき2,000円
参加資格
不問
著作権の取扱について
全て著作者本人に帰属
主催
神奈川県美術展委員会 ・ 神奈川県民ホール ・ 神奈川県
審査員
■平面立体:五十嵐 卓(損保ジャパン日本興亜美術館学芸課長)  野田裕示(多摩美術大学教授、洋画家)  橋 秀文(神奈川県立近代美術館 企画課長兼普及課長)  福士朋子(女子美術大学教授、美術家)  宮永愛子(美術家)
■工芸:上原利丸(東京藝術大学准教授、染色家)  大村俊二(武蔵野美術大学教授、ガラス造形作家)  川口 淳(陶芸家)  笹山 央(多摩美術大学非常勤講師、工芸評論)  三好かがり(日本工芸会、漆芸家)
■書:石川芳雲(日本書道学院長/漢字)  今江美登里(毎日書道展審査会員/詩文書)  桟敷東石(毎日書道展審査会員、全日本書道連盟評議員/かな)  西嶋慎一(書道評論)  西村東軒(日展会員、読売書法会常任理事/漢字)
■写真:伊奈英次(東京綜合写真専門学校校長)  金村 修(写真家)  調 文明(写真史研究、写真批評)  関次和子(東京都写真美術館学芸員)  前田利昭(日本カメラ編集長)
お問い合わせ先
神奈川県美術展委員会事務局  (神奈川県民ホール 事業課内)
〒231-0023 横浜市中区山下町3-1
電話 045-662-5901(代) 平日9:00~17:00
FAX 045-641-3184
公式ホームページ

第52回神奈川県美術展 作品募集|神奈川県民ホールギャラリー

URL: http://www.kanakengallery.com/detail?id=34324&hash=d8585cb93fef89c4cf932574e6554c9c

公式サイトのスクリーンショット