戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

第60回 全国学芸サイエンスコンクール《小・中・高校生限定》

締切
2016年09月28日(水)
コンペの概要

 旺文社主催/内閣府・文部科学省・環境省後援「全国学芸サイエンスコンクール」は全国の小学生・中学生・高校生の研究・アートおよび文芸の振興奨励と、青少年の個性の育成を目的に、各界各方面からご賛同とご支援をいただき、昭和32年(1957年)の第1回開催以来毎年実施しているもので、今年度で第60回を迎えます。日本全国はもとより海外の学校からも多くのご参加をいただき、昨年度第59回では12万点を超える作品のご応募をいただきました。
今年度もサイエンスジャンル(理科系・社会科系の各研究分野)と学芸ジャンル(アート・文芸Ⅰ・文芸Ⅱ・環境の各分野)の2つの系統で作品を募集いたします。幅広く多様な分野に多くの部門を設け、児童生徒のみなさんがそれぞれの得意分野で制作した作品をご応募いただける総合コンクールとなっています。
優秀作品には、内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞・環境大臣賞・分野賞のほか、協賛協力企業・団体より各種の賞が授与されます。
「青少年の感性を高め、創造力を伸ばす」コンクールの教育的意義をご理解いただき、夏休みの創作活動をはじめ学習成果の発表の場として積極的なご応募を心よりお待ちいたしております。

最高賞金
30 万円
内閣総理大臣賞(1点)賞状・賞杯・楯・記念品・旺文社教育奨学金30万円
■文部科学大臣賞(6点)[サイエンスジャンル(3点)学芸ジャンル(3点)] 賞状・楯・記念品・旺文社教育奨学金10万円
■環境大臣賞(1点)賞状・楯・記念品・旺文社教育奨学金10万円
■分野賞(5点)賞状・楯・記念品・旺文社教育奨学金5万円学校特別奨励賞(各部門1校 全12校)表彰状・楯・図書カード3万円分
■部門賞金賞(各部・各部門1点 全29点)賞状・記念品・図書カード1万円分(特別賞受賞者を除く)
■審査委員特別奨励賞(全4点)賞状・記念品・図書カード1万円分
■旺文社赤尾好夫記念賞(全377点)賞状・記念品
■読書感想文部門努力賞(全51点)
■理科自由研究部門努力賞(全34点)
■学校奨励賞

募集要項

コンペの応募内容
小学生・中学生・高校生による自作未発表の研究またはアート、文芸作品
■サイエンス分野:
・理科自由研究部門:テーマは自由。理科に関する自由研究。
・自然科学研究部門:テーマは自由。物理・化学・生物・地学などの理系に関する研究論文。※レポート用紙、または400字詰原稿用紙、400字詰で20枚以上。
・社会科自由研究部門:テーマは自由。社会科に関する自由研究。
・人文社会科学研究部門:テーマは自由。地理・歴史・現代社会・文学などの文系に関する自由研究。※レポート用紙、または400字詰原稿用紙、400字詰で20枚以上。
■アート分野
・絵画部門:テーマ ・素材は自由。50号(1,167ミリ×909ミリ)以内。立体作品は不可。
・書道部門:〈小・中学生の部〉文字・書体は自由。半紙または画仙紙半折の1/4(約340ミリ×350ミリ)を使用。小学1~3年は2字以内。小学4~6年、中学生は6字以内。
〈高校生の部〉自由題で、書体・書式は自由。画仙紙半切大(約1,350ミリ×350ミリ)または画仙紙聯落ちを上方向から580ミリに切ったもの(約580ミリ×530ミリ)を使用。
■文芸 I 分野:
・小説部門:テーマは自由。400字詰原稿用紙10枚から80枚以内で、タテ書き。
・詩部門:テーマは自由。400字詰原稿用紙、タテ書きとする。
■文芸 II 分野:
・読書感想文部門:書籍は自由。400字詰原稿用紙を使用。タテ書き。(小学1〜4年生 2〜3枚・小学5・6年生 3〜4枚・中学生・高校生 4〜5枚)
・作文・小論文部門:テーマは自由。400字詰原稿用紙を使用。タテ書き。(小学生 2~6枚・中学生 4~10枚・高校生 8~20枚)
■環境分野:
・写真部門:“環境”をテーマにした写真作品に限る。課題は、自然風景・動植物・人物・人工物など、かけがえのない地球、身近な環境問題、生物多様性など自由。デジタル写真はA4判の光沢紙に限る。その他は、六つ切り以上四つ切り以内。
・ポスター/デザイン部門:環境をテーマにしたポスター作品。B2 判(515mm×728mm)以内
※詳細は主催者ホームページ参照
コンペの応募期間
2016年09月28日(水) まで
コンペの日程
参加方法
作品裏面に応募票を添付して送付。 ※詳細は主催者ホームページ参照
参加資格
全国の小学生・中学生・高校生 海外の日本人学校在籍の小学生・中学生・高校生
※詳細は主催者ホームページ参照
著作権の取扱について
応募作品の著作権(著作権法第27条および第28条を含む)はすべて旺文社に譲渡されます。
主催
株式会社 旺文社
お問い合わせ先
〒162-8680  東京都新宿区横寺町55
株式会社旺文社  全国学芸サイエンスコンクール事務局
電話 03-3266-8002 FAX 03-3266-6849 (受付時間は土・日・祝を除く9:30〜17:30)
E-mail : gakkon@obunsha.co.jp
公式ホームページ

全国学芸サイエンスコンクール公式サイト

URL: http://gakkon.obunsha.co.jp/

公式サイトのスクリーンショット