戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

第9回アダチUKIYOE大賞

締切
2017年12月24日(日)
コンペの概要

アダチ伝統木版画技術保存財団では、江戸時代の浮世絵を支えた木版画の技術を活かし継承していくためには、今という時代を反映し、人々に受け容れられる作品を描く絵師の存在が不可欠であるとの思いで、平成21年度より絵師募集の公募「アダチUKIYOE大賞」を毎年実施してまいりました。これまで多くのアーティストの方にご応募いただき、受賞者の方と制作した木版画作品も多方面から評価いただいております。

9回目となる今年の募集をこのたび開始いたします。今年からは、よりアーティストの方の才能を十分に審査するため「ポートフォリオ」のみの審査に変更し、実施することといたしました。是非、下記応募要項をご確認いただきご応募ください。受賞者の方は、現代の彫師・摺師とともにご自分の浮世絵・木版画が制作できる貴重な機会となります。皆様のご応募お待ちしております。

最高賞金
30 万円
大 賞:賞金30万円+現代の職人の技で作品を木版画として制作(完成した木版画を進呈)
優秀賞:賞金15万円+現代の職人の技で作品を木版画として制作(完成した木版画を進呈)
佳 作:賞金5万円

募集要項

コンペの応募内容
そもそも「当世風の絵」を意味する「浮世絵」は、流行や世相を反映し描かれることで、広く一般大衆に親しまれてきました。そして、時代のニーズに応え、より速く美しく大量に作るため、当時最先端のカラー印刷技術であった木版が使われ、絵師・彫師・摺師という分業により作られました。
一方で、和紙や水性の絵具という日本独自素材を使うことにより生まれる質感や肉筆絵画とは異なる独特のフラットな表現は、浮世絵・木版画の魅力となり、国内外の人々を今なお魅了しています。

当財団では、この浮世絵を支えた伝統木版技術を活かし、今の人々に受け容れられる現代の浮世絵を描く才能のあるアーティストを募集しています。

●応募作品
これまでに制作した作品を紹介するポートフォリオ
形式:ファイル1冊(A4サイズ・2~10ページ以内)でまとめてください。

本公募は“21世紀の浮世絵師”となる人材の発掘を目的としています。応募者の日頃の制作活動や様々な作風を知ることで、より総合的に浮世絵師としての可能性を探るため、ポートフォリオによる審査をおこないます。
コンペの応募期間
2017年07月05日(水) から 2017年12月24日(日) まで
コンペの日程
2017年12月24日(日)ポートフォリオ提出締切 必着

2018年3月 審査結果発表

2018年4月~ 大賞・優秀賞受賞作品の木版画制作

*木版画作品は完成後、一般公開を予定(場所:アダチ伝統木版画技術保存財団常設展示場)
参加方法
所定の応募票①②に必要事項を記入し、ポートフォリオに添付して送付先へ提出
*応募票はホームページよりダウンロード
https://foundation.adachi-hanga.com/award2017/
参加資格
経歴・年齢・国籍 一切不問
著作権の取扱について
入賞作品の著作権及び知的財産権は、公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団に帰属
主催
公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
審査委員
小山登美夫(ギャラリスト)
三井田盛一郎(東京藝術大学 美術学部絵画科 准教授)
山下裕二(明治学院大学 文学部芸術学科 教授)   敬称略・五十音順
安達以乍牟(当財団理事長)
お問い合わせ先
公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団 事務局
〒161-0033 東京都新宿区下落合3-13-17
TEL:03-3951-1267 / FAX:03-3951-2137
MAIL:award@adachi-hanga.com
公式ホームページ

第9回アダチUKIYOE大賞 作品募集 | 公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団

URL: https://foundation.adachi-hanga.com/award2017/

公式サイトのスクリーンショット