戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

鶴川ショートムービーコンテスト2018

締切
2018年09月15日(土)
コンペの概要

2015年に初開催し、今回で4回目の短編映画祭です。皆さまのご応募をお待ちしています。作品募集は7月1日(日)から9月15日(土)まで、各賞の発表は11月23日(金・祝)に行います。

最高賞金
10 万円
グランプリ 賞金100,000円
(募集作品のすべての中から脚本・技術等特に優れた作品)
準グランプリ 賞金50,000円
(脚本・技術等特に優れた作品)
町田市長賞 賞金20,000円
(町田部門の中から選考。町田市の多様性を表現した作品)
町田市議会議長賞 賞金20,000円
(将来性が期待できる作品)
(一財)町田市文化・国際交流財団理事長賞 賞金20,000円
(地域の素晴らしさを表現した作品)
U-18賞 商品 図書カード20,000円相当
(18歳以下の監督が手掛けた作品の中から優れたもの)
観客賞 賞金10,000円
(一般からの投票を加味して決定)

募集要項

コンペの応募内容
【募集部門】
自由部門(テーマは自由、オリジナリティのある作品。)
町田部門(町田市内の自然・歴史・風土・生活・文化など地域の魅力を独自の視点で表現、PRする作品)
U-18部門(18歳以下の監督が作った作品。テーマは自由。)
※各部門ともアニメーションも可
※U-18部門は、次世代の監督を応援する部門です。19歳以上の方が作品制作に参加することも可能ですが、18歳以下の方が主導、企画したものに限ります。趣旨をご理解ください。

【応募条件】
応募は一人(一団体)1点のみ。複数の団体に所属し、複数応募することもできません。
15分以内(タイトル・クレジットを含む)の作品であること。
※それ以上長い作品は審査対象外となりますのでご注意ください。
2016年9月16日以降に完成した作品であること。
映像は実写、CG、アニメーションなど自由ですが、オリジナルの映像作品であること。
他のコンテストで受賞歴のある作品は応募できません。
登場する人物、建物などの著作権や、使用している著作物(音楽、写真、絵画、小説、脚本、メディアなど)の使用許諾を得ている作品であること。
※応募締め切り日までに必ず使用許諾を得てください。
作品を応募する際、作品本編と他を区別するために本編の前後に黒味(白味)を付けてください。また「作品名」「応募者名」「本編時間」を記した応募用クレジットを作品先頭に付けてください(下図参照)。
コンペの応募期間
2018年07月01日(日) から 2018年09月15日(土) まで
コンペの日程
募集期間
2018年7月1日(日)~2018年9月15日(土)
応募締切 2018年9月15日 必着(※持ち込みは不可)
一次選考
審査委員長、審査員、実行委員会メンバーが数人で一組となり、応募作品を1作品ずつ全てを途中で停止・早送りすることなく鑑賞し、審査して入選作品を決定します。
各賞発表
各賞は11月23日(金・祝)に和光大学ポプリホール鶴川B2ホールで行われる授賞式で発表します。
参加方法
【応募方法】
Eメールの場合、ファイル転送サービス(ギガファイル便等)を利用して、発行されたURLをメール本文に記載の上、tsmc.oubo2018@gmail.comまでお送りください。
郵送の場合、オリジナルをコピーしたデータでご応募ください。(データは返却致しません。)
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-2-1
和光大学ポプリホール鶴川 TSMC応募係

【応募に必要なもの】
①作品
②応募用紙
③監督の顔写真
④作品内のワンカット写真
※オリジナルをコピーしたデータで応募ください。(記録メディアの返却は致しません)

【応募形式】
H.264/mp4、MOV、AVIのいずれかの形式
15分以内の作品であること
2K以上のサイズはHDに、5.1CHの音声は2CHに変換してご応募ください
参加資格
授賞式に作品応募者本人または代理人が出席できること。 プロ、アマチュア、年齢、国籍など問いません。
著作権の取扱について
応募作品の著作権は製作者に帰属します。ただし、主催者は応募作品を本コンテストおよび町田市のPRの目的に限り、無償で複製、編集、第三者への貸与、上映、翻訳・翻案(含む日本語、英語などの字幕挿入)、頒布および公衆送信(ユーチューブなどへのアップロードなど)を行えるものとします。
上映にあたり主催者側で応募作品の映像フォーマットを変更する場合があります。
主催
鶴川ショートムービーコンテスト実行委員会
審査委員
【審査委員】   ※敬称略
審査委員長    小中和哉 (映画監督)
審査委員     鷲北秀樹 (一般財団法人 町田市文化・国際交流財団理事長)
審査委員     高橋 巖 (映画監督)
SPアドバイザー  飯島敏宏 (映画監督)
審査方法
【審査方法】
テーマ、技術力、表現力、完成度、オリジナリティなどを考慮して選考します。
一次選考
審査委員長、審査員、実行委員会メンバーが数人で一組となり、応募作品を1作品ずつ全てを途中で停止・早送りすることなく鑑賞し、審査して入選作品を決定します。
一般選考
入選作品を和光大学ポプリホール鶴川1Fのカフェマーケットがあるサロンで<期間は現在未定>で上映し、来館者による投票を行います。この投票結果は最終選考に加味します。
最終選考
審査委員長、審査員、実行委員会メンバーが入選作品の中から各賞を決定します。
お問い合わせ先
鶴川ショートムービーコンテスト実行委員会事務局
MAIL : smctsurukawa@gmail.com
公式ホームページ

グローイングアップ映画祭 (町田市)鶴川ショートムービーコンテスト2018

URL: http://www.tsurukawa-smc.com/index.html

公式サイトのスクリーンショット