戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

Future Convenience Store Contest デザイン部門

締切
2016年09月30日(金)
コンペの概要

Future Convenience Store Contestとは、コンビニエンスストア店舗における 各種業務(品出し・入替え、接客など)の自動化を対象としたロボット技術 コンテストです。
身近でかつ実用的な課題に即したコンテストを設定する ことにより、実用化が遅れているサービスロボット関連技術の革新を促します。
同時に、ロボット技術が導入されることにより、実現可能となる新たな サービスやコンビニのデザインについて広くアイディアを募集し、新たな 近未来のコンビニ像を創造します。

・セブン・イレブン賞(1点) 賞状、賞金 近日発表  ・金賞(1点) 賞状、賞金15万円  ・銀賞(3点) 賞状、賞金5万円  ・入選(5点) 賞状 ※一次審査通過者入選者10人は、2017年以降に行われるTechnology Challengeのアドバイザーとして参画

募集要項

コンペの応募内容
〈デザイン部門〉ロボット技術が導入されることにより、2020年に実現可能となる 新たなサービスやコンビニのデザインについて広くアイデアを募集。
■募集テーマ「近未来のコンビニ像を創造する」
※表記は日本語、オリジナルの作品、アイデアで未発表のものに限る。
コンペの応募期間
2016年09月30日(金) まで
コンペの日程
参加方法
応募者情報シートを応募作品の裏に貼り、宅配、ゆうパック、書留郵便など配達記録の残る手段で郵送。
※タイトル、コンセプト、図面、パース、CG、グラフ、表などを用いて、アイデアをわかりやすく表現したデザイン案を提出。
※A1サイズ(594×841mm)片面横使い/1枚
※パネルは不可。ケント紙またはそれに類する厚紙で作成。
参加資格
不問
著作権の取扱について
応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、HPや雑誌への掲載および作品展示に関する 権利は主催者が保有し、入賞作品や氏名などを発表できるものとします。
主催
(公社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門
審査員

■審査委員長 鈴木敏彦(工学院大学 建築学部 教授)
■審査委員 藤慶昭(産業技術総合研究所 ロボットイノベーション研究センター )・笠松慶子(首都大学東京 システムデザイン研究科 教授)・神田真司(富士通研究所 応用研究センター )・菊竹雪(首都大学東京 システムデザイン研究科 教授)・細野繁(日本電気株式会社 プラットフォームサービス事業部 エキスパート)・原田悦子(筑波大学 人間系 教授)
■特別審査員 (株)セブン・イレブン・ジャパン
お問い合わせ先
〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6
首都大学東京システムデザイン学部 和田一義研究室内
Future Convenience Store Contest事務局 宛
e-mail:fcsc-info-ml@ml.tmu.ac.jp
公式ホームページ

Future Convenience Store Contest

URL: http://www.f-csc.org/

公式サイトのスクリーンショット