戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

本田宗一郎チャレンジ! ~AIを使った家の中での暮らしを豊かにするアイデアの創出~

締切
2020年02月28日(金)
コンペの概要

本田財団は「自然環境」や「人間社会」との調和ある科学技術の発展を切実に望んだ本田宗一郎らによって1977年に設立されました。
本田財団の知名度向上および本田宗一郎の「技術で人々の生活を豊かにする」という理念を普及させるべく、毎年コンテストを行っております。
昨年度は、2018年度の本田賞を需要された舛岡富士雄博士が発明した「フラッシュメモリー」をテーマにフォトコンテストを行いました。
今年度は、2019年度に本田賞を受賞されたジェフリーヒントン博士の主要研究分野である「AI」と、本田宗一郎の理念を組み合わせた「AIを使った家の中での暮らしを豊かにするアイデアの創出」というテーマでアイデアコンテストを行います。
普段の家での生活において不便に感じることを挙げ、それを解決するためのアイデアを考えて下さい。

最高賞金
10 万円
・金賞(1点) 賞金10万円+副賞
・銀賞(2点) 賞金5万円+副賞

副賞はFCVの試乗、アクティブセーフティートレーニングコースとコレクションホールの見学(応募状況により実施できないものがある場合があります。)

募集要項

コンペの募集内容
募集内容および提出物

・【必須】応募者情報(氏名、連絡先、学校名など)

・【必須】A3資料(自分のアイデアをわかりやすくまとめたA3資料1枚)

・補助資料(形式は問わない)

なお、ご応募いただいた作品についてはツイッター上にて公表を行い、他のユーザーから意見をいただいてフィードバックとしていただきます。フィードバックを考慮した作品の再提出等は必要ありません。
コンペの募集期間
2020年01月17日(金) から 2020年02月28日(金) まで
コンペの日程
募集期間:2020年1月17日(金)~2020年2月28日(金)

選考期間:2020年2月下旬~3月上旬

結果発表:2020年3月上旬~3月中旬
参加方法
以下のGoogleフォームよりご応募ください。
https://forms.gle/7FztgDdaqs2YyMcv8

応募の際にご自身のアイデアを分かりやすくまとめたA3資料を添付して下さい。指定のフォーマットはありません。モノクロでもカラーでも、また手書きで作ってもパワーポイント等のソフトで作成しても構いません。応募の際の質問事項に沿ってA3横位置1枚で自由にアイデアをまとめてください。なお、提出するA3用紙は判読可能な状態でお願い致します。
また、その補助資料として映像データなどその他の形式の資料を添付して頂いても構いません。


応募の際は以下の事項を守ってください。

①下記の内容を必ず記載すること
 ・今家での生活で不便に思っていること
 ・不便に思っていることを改善するアイデア
 ・提案するアイデアのタイトル
 ・アイデアの簡単な説明
 ・アイデアに関する絵や写真

②提出するA3用紙はPDF化すること

参加資格
中学生以上の生徒または学生
著作権の取扱について
応募作品の著作権は応募者に帰属します。
よって、応募の際は必要に応じて意匠登録等の手続きは応募者本人でお済ませください。
また、本コンテストに応募した時点で応募作品が本財団のWebサイトや告知媒体などで公表されることに同意したものとみなします。
応募作品が既出のアイデアと同一または酷似している場合、または第三者の知的財産権を侵害している場合は受賞結果発表後であっても受賞を取り消す場合があります。
主催
公益財団法人本田財団
審査について
本コンテストにご応募いただいた作品に関しては、

芝浦工業大学名誉教授(工学博士)

本田財団 本田賞選考委員

元本田技術研究所 主任研究員

である古川修先生を審査委員長とした審査委員を組織して公正に審査を行います。
お問い合わせ先
お問い合わせはhondazaidancip@gmail.comまでお願い致します。
SNS公式アカウント
Twitter@Hondazaidanidea (本田財団アイデアコンテスト2019年度)
公式ホームページ

公益財団法人 本田財団|人間性あふれる文明の創造へ

URL: https://www.hondafoundation.jp/

公式サイトのスクリーンショット