戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

立教大学 大和ハウス工業株式会社寄付講座スペシャルプログラム「ポストコロナの社会と暮らしに応えるデザイン」デザインマスタークラス付き設計競技

締切
2021年10月15日(金)
コンペの概要

「ポストコロナの社会と暮らしに応えるデザイン」をテーマに、公開講座、研究会を開催するとともに、設計競技を開催することとなりました。
今回の設計競技が、”デザインマスタークラス付き“というのは、応募する学生や院生には、途中段階で、一流の建築家・都市計画家たちの指導を受けながら課題に取り組み、発表し講評を受けることで、より魅力的な提案を生み出し、大きくその才能を開花させる機会をつくれないだろうか、ということで企画したものです。幸いにして、これまでもプログラムづくりを担ってもらっているアドバイザーに加えて、素晴らしいゲスト講師にも参加頂き、理想通りの、デザインマスタークラスと設計競技を開催できることとなりました。明日の空間と社会のデザインづくりを目指す学生・院生の皆さん、是非デザインマスタークラス並びに設計競技に参加されるのをお待ちしています。

最高賞金
30 万円
最優秀賞(賞状+副賞30万円)……1点
優秀賞(賞状+副賞10万円)……2点
入賞、審査員賞(賞状+副賞5万円)……7点

募集要項

コンペの募集内容
1.設計課題:
「ポストコロナの社会と暮らし」にふさわしい施設、空間、建築のデザイン案を求めます。 敷地は、奈良市内郊外の工場や大型商業と古くからの住宅などが混在する、地方都市にしばしば見られるような周辺環境ですが、今秋竣工オープンした大和ハウスグループみらい価値共創センター(設計小堀哲夫建築設計事務所)が隣接する立地でもあります。敷地及び建築条件を踏まえながら、魅力的なデザイン提案を期待しています。
2.設計条件:
下記の敷地の全部または一部
奈良県奈良市西九条町4丁目2−2
現大和ハウス工業株式会社奈良工場敷地内
大和ハウスグループみらい価値共創センター隣接する区画 144,561.81㎡(敷地現況図(PDF) / 敷地全体図(PDF))

3.応募資格:
・建築、都市計画を専攻している大学院、大学、短期大学、高等専門学校在学生
(大学の学科、専攻名称等により、自身に応募資格があるかについて判断できない場合は、事務局宛メールでご相談ください)
・なお、新型コロナウイルスの感染や移動・集会等の行動制限状況にもよりますが、後述のように、10月末に中間講評会、12月初旬に最終審査を開催します。可能な限り出席されることを希望します。
コンペの募集期間
2021年10月01日(金) から 2021年10月15日(金) まで
コンペの日程
応募登録:10/1~15
作品応募締切:11/13まで
中間講評会:10/30・31
最終審査会:12/5
参加方法
事前に参加登録が必要です。10月15日までに 氏名、所属(学校名、学部名、専攻名、学年まで)、メールアドレス、住所、中間講評参加・不参加、を明記の上、こちらの受付フォーム までお送りください。
事務局より参加登録完了メールが届きます。(24時間以内に届かない場合は、事務局宛ご連絡ください)
参加資格
・建築、都市計画を専攻している大学院、大学、短期大学、高等専門学校在学生
著作権の取扱について
・本設計競技の応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品の発表に関する権利は主催者が保有します
・応募作品の一部あるいは全部が、他者の著作権を侵害するものであってはなりません。また、雑誌や書籍、Webページ等の著作物から複写した画像を使用しないこと。著作権侵害の恐れがある場合は、主催者の判断により入賞を取り消すことがあります
・入賞後に著作権侵害やその他の疑義が発覚した場合は、すべて応募者の責任となります
主催
立教大学社会デザイン研究所
お問い合わせ先
メール:5067027@rikkyo.ac.jp【立教大学 社会デザイン研究所 國府田(こうだ)】
FACEBOOK:https://www.facebook.com/ibasho.koza
公式ホームページ

立教大学 大和ハウス工業株式会社寄付講座 スペシャルプログラム デザインマスタークラス付き設計競技「ポストコロナの社会と暮らしに応えるデザイン」

URL: https://ibasyo-kouza.jp/

公式サイトのスクリーンショット