戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

日本造園学会2019年全国大会 学生公開デザインコンペ「筑波研究学園都市 セカンドステージへのランドスケープ提案」

締切
2019年05月10日(金)
コンペの概要

「筑波研究学園都市」は1963年9月10日の閣議決定によって産み出されました。国内初の職住近接型ニュータウンといわれています。大学や研究機関の移転、新しい鉄道の開通、つくば市への合併と新庁舎の建設など、当初の構想内容については概ね実現したと言えるでしょう。しかし、2018年、55年を経過した現在、大学や研究所の社会的役割にも変化が現れ、再編・機能変更・廃止など、新たな社会的変化が起こっています。各種施設の老朽化や公務員宿舎・学生寮の廃止や建て替え、大型店舗の閉鎖など、まちづくりにも対応が必要になってきました。街区や道路の計画は、当時のモータリゼーションに対応した都市計画理論に基づいており、今後の輸送技術の進化を見越したものにはなっていません。

都市を貫く軸となっている公園や緑道、ペデストリアンデッキも景観的な成熟を見せていますが、その活用方法など生活に密着したあり方についても、まだ改善の余地があります。住宅地や研究・教育施設の中でも豊かな緑が育まれてきましたが、都市再編の流れの中で改めてそのあり方が問われています。

日常用語になった「少子高齢化」ですが、これに対応する社会的変化は様々な形で発現するでしょう。悲観的な視点だけでなく、課題は抱えながらも、AI・ロボット・ドローン・自動運転などの技術革新は間違いなく実現するでしょう。既存職業の消滅・働き方改革・外国人労働者の移入など、社会的対応も進むに違いありません。一方で、人間社会に共通普遍の事柄やランドスケープの本質があります。

今後の社会の進化・技術の発展に見合った、筑波研究学園都市のセカンドステージをランドスケープの観点から大胆に提案してみてください。

問題設定、対象地の選択、提案の内容については柔軟に捉えて結構です。実現可能性や実現期間についても、妥当性を自ら判断してください。
学生の皆様のチャレンジを期待しています。

最高賞金
5 万円
最優秀賞(1点) 賞状、賞金(5万円)
優秀賞(2点) 賞状、賞金(2万円)
佳作(7点程度) 賞状、賞金(1万円)

募集要項

コンペの募集内容
対象地: 筑波研究学園都市(つくば市全体)の中でも当初計画された中心地を主な対象地とする。ただし、中心地以外の筑波山、旧集落等の周辺部を入れてもかまわない。
コンペの募集期間
2019年05月07日(火) から 2019年05月10日(金) まで
コンペの日程
1) 登録期間 平成31年2月1日(金)~ 4月26日(金)
2) 作品の受付 平成31年5月7日(火)~ 5月10日(金)(必着)
3) 一次審査会 平成31年5月12日(日)
4) 二次審査会 平成31年5月24日(金)
5) 審査結果発表・表彰式 平成31年5月25日(土)
参加方法
・応募には事前登録が必要です。
・提出物はA1 サイズ( サイズ(594 mm×841mm)用紙 2枚まで。横長方向で使用し、 5 mm 程度の厚さのパネルに貼って提出してください。
・パネルと一緒に作品の電子データをCD –RまたはUSBメモリで提出してください。
・一次審査の通過者は別途パネルの内容に関するPowerPoint等のプレゼンテーションのデータ提出が必要になります。
(詳細は募集要項を確認してください)
参加資格
高校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生の個人またはグループ(詳細は募集要項を確認してください)
著作権の取扱について
応募作品の図面、書類の著作権は、応募者に帰属しますが、公益社団法人日本造園学会は、本コンペに関して必要な公表、出版についての権利を無料で使用できるものとします。
主催
公益社団法人日本造園学会
お問い合わせ先
日本造園学会 学生デザインコンペ事務局:
jilacompe@jila-zouen.org
公式ホームページ

日本造園学会 2019年全国大会 学生公開デザインコンペのご案内 | 公益社団法人 日本造園学会

URL: https://www.jila-zouen.org/annualmeeting/7231

公式サイトのスクリーンショット