戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

PVC DESIGN AWARD 2016

締切
2016年06月30日(木)
コンペの概要

いつも身近で、暮らしに溶け込むソフトPVC。そんなPVCに新たな発見を!
ソフトPVCは素材が持つ特性から多くのニーズに応えています。耐久性と実用性が求められる防災・医療・介護用品、安全を委ねる玩具・緩衝材、加工性に富んだファッション・ステーショナリー・・・など、身近な素材として貢献してきました。
こうして社会を支えてきたソフトPVCだからこそ、この先も続く持続可能な提案ができると期待しています。
地域やまちづくり、高齢化、子育て、オリンピックも控える観光など、暮らしを観察して「安心・安全・快適」のテーマから思わずうなるようなソフトPVCを活かした新しいアイデア、これからのデザイン・ビジネスを提案してください。前回を超える驚きを期待しています。

最高賞金
100 万円
・大賞(1点)副賞 100万円  ・優秀賞(3点)副賞各 10万円  ・入賞 副賞各 2万円

募集要項

コンペの応募内容
デザイン提案:国内外未発表のソフトPVCを使用する提案。
製品応募:国内流通している既存のソフトPVC製品や中間加工素材及び試作品(販売開始後5年以内の製品、または試作品で、中間素材の場合は使用製品を明示する。)
デザイン提案・製品応募とも、用途は限定しません。
メインの素材がソフトPVC(フィルム、シート、ペースト塩ビ等)で金属、布地などの異素材や、他のプラスチックなどとの複合品も含みます。
※製品応募の対象は販売後5年以内の製品・中間加工素材及び試作品とします。
※詳細は主催者ホームページ参照
コンペの応募期間
2016年06月30日(木) まで
コンペの日程
デザイン提案応募期間 2016年4月20日〜6月30日(当日必着)
プロトタイプ試作期間 マッチング成立後〜10月27日まで
作り手側がデザイン案を選定します。選定結果は、2016年7月より随時ご連絡いたします。 マッチング成立後、作り手がプロトタイプの試作を行います。一つのデザインを複数の作り手が選んだ場合、デザイナーとの間で調整します。マッチング成立時に、デザイン提案者に活動費として5万円を支給します。 製品応募日程
2016年4月20日〜10月27日(当日必着)
参加方法
ソフトPVCを活かした新しいアイデア、これからのデザイン・ビジネスを提案。
■テーマ「安心・安全・快適」
■デザイン提案応募:「応募用紙/企画書」(正・副の2部)「プレゼンテーションシート」(A3用紙(縦、幅297mm×高さ420mm))をエントリーフォームから送信、またはPVC DESIGN AWARD事務局宛に送付。
■製品応募:「応募用紙」「販売開始後5年以内の製品、または試作品」をPVC DESIGN AWARD事務局宛に送付して下さい。 (中間素材などは使用製品、または用途が明解な使用写真を付属資料として提出。
※詳細は主催者ホームページ参照
参加資格
応募資格は企業、団体あるいは個人、グループ、年齢、性別、職業、性別、国籍は不問
著作権の取扱について
応募作品の意匠、特許、実用新案、商標、著作権などに関する全ての知的財産は応募者にあります。そのためこれを保護する責任は応募者本人となりますので、応募の際は応募者が自ら必要に応じて権利保護等の措置を講じてください。
主催
日本プラスチック製品加工組合連合会 ・日本ビニール商業連合会 ・日本ビニル工業会 ・塩ビ工業・環境協会
審査委員
秋山 正 氏(東京都立産業技術研究センター技術支援係、主任研究員)  石橋 勝利 氏(AXIS誌編集長)  大竹 美知子 氏(デザインスタジオ トライフォーム)  鈴木 啓太 氏(PRODUCT DESIGN CENTER)
お問い合わせ先
PVC Design Award事務局(塩ビ工業・環境協会内)
〒104-0033 東京都中央区新川1-4-1 六甲ビル8F
Tel:03-3297-5601 Fax:03-3297-5783
メール:info@vec.gr.jp
公式ホームページ

PVC Award 2019

URL: http://pvc-award.com/index.html#firstPage

公式サイトのスクリーンショット