戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

【SAPPORO×TRINUS】ホップ由来の成分を活用した商品企画を大募集!

締切
2019年05月07日(火)
コンペの概要

サッポロホールディングスの持つ技術シーズを公開し、クリエイターの皆さんからその技術の活用コンセプト・デザインを公募する商品開発プロジェクトを開始いたしました!

◆募集テーマ
『花粉症にもダイエットにも効果アリ!?ビールだけじゃない「ホップ」の力』

アサ科の植物である「ホップ」は、ビールづくりに不可欠な原料のひとつであり、ビールの泡持ちを良くし、独特の香りを与え、苦みを与えます。

そんな「ホップ」を水で抽出した『ホップ水抽出物』には、
①【抗アレルギー機能】
②【抗インフルエンザウイルス機能】
③【口内清涼】
④【脂肪抑制機能】
という4つの驚くべき効果が隠されていました。

長年、「ホップ」を研究してきたサッポログループだからこそ明らかにすることのできたこの効果は、どれも私たちの生活に密接に関係したものでありながら、自然由来の「ホップ」が原料のため、飲料・サプリ・食品だけでなく、雑貨や日用品カテゴリなど多種多様な展開を考えることが可能です。

詳細は〈https://trinus.jp/projects/20〉をご覧ください。

最高賞金
40 万円
◆基本コンセプトとして採用された段階で賞金20万円
◆その後の開発プロジェクトへのご参画で20万円
◆商品化となれば、売上ロイヤリティをお支払い(最大1,500万円まで)


◇報酬に関する詳細
・採用された後、その後の商品化プロジェクトへのご参画を依頼する場合があります(任意)。その場合の報酬としては、20万円をお支払いします。
・売上ロイヤリティは、本コンペにより商品化されることとなった場合に、売上金額に応じてお支払いをすることになります。商品化を担当する会社/メーカーとTRINUSの間で結ばれる契約により、ロイヤリティの額は予告なく変更される可能性があります。
・本コンペで採用された場合でも、必ず商品化されることをお約束するわけではありません。
サッポロホールディングスとTRINUSの間で、現時点で商品化を行うことについて決定されている(契約が結ばれている)わけではありません。
・ロイヤリティの金額は、TRINUSの規定により年間300万円、5年間(1,500万円)が上限となります。

募集要項

コンペの応募内容
今回は、「ホップ水抽出物」を活用することで「どんなお客様の」「どんなニーズを」「どのように満たすのか」という“商品コンセプト”から、形状・色やパッケージ等の“プロダクトデザイン”まで、商品企画案を幅広く募集いたします!
コンペの応募期間
2019年02月15日(金) から 2019年05月07日(火) まで
コンペの日程
◆応募締切日:
2019/4/22(月)
2019/5/7(火)←※締切日が延長されました。
その後、6月下旬を目処に選考結果をお伝えします。

※投稿案が非常に良いコンセプトであるにも関わらず、少し改良が必要な場合など、個別にブラッシュアップをお願いする可能性があります。

参加方法
・企画案は、すべて画像(JPG, PNGまたはGIF形式)で本サイト内に投稿してください。
・企画案は、企画書、アイデアプラン、アイデアスケッチ、レンダリングCG、図面、実際に制作した試作品を撮影した画像等、自由に組み合わせてご投稿頂けます。
・投稿画像は、1ファイル16MB未満。掲載時に横長720x480pxでリサイズされます。*投稿は合計6ファイルが上限となります。
参加資格
不問
著作権の取扱について
・TRINUS会員が記述、投稿等を行ったコンテンツの知的財産権は、TRINUS会員本人に帰属します。
・製品化に着手する旨が決定した場合、当該コンテンツの知的財産権のうち、発明、考案、意匠及び商標の各々特許、実用新案登録、意匠登録を受ける権利及び商標登録出願を行なう権利を、TRINUS会員は当社に譲渡するものとします。
※ 詳細については、弊社サイト利用規約をご参照ください。
主催
サッポロホールディングス株式会社、株式会社TRINUS
お問い合わせ先
・技術についての質問は、募集ページチャット欄にご入力ください。
・その他のお問合せについては、弊社フォームよりお願いいたします。
SNS公式アカウント
Twitter@TrinusJp
Facebook@trinus.jp
Instagram@tirnus.jp
公式ホームページ

花粉症にもダイエットにも効果アリ!?ビールだけじゃない「ホップ」の力 - TRINUS (トリナス) | 技術とデザインの化学反応による驚きを

URL: https://trinus.jp/projects/20

公式サイトのスクリーンショット