戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

ライオンの技術を活用した商品企画を募集!

締切
2018年12月10日(月)
コンペの概要

日本のメーカーでは、開発した多くの技術が活用されず埋もれている現状があります。この背景には、メーカー社内では業界の専門家であるがゆえに自由な発想が出ないことや、アイデアはあるものの具体的な商品イメージがわかず社内を説得できないという点が挙げられます。また、実務上の課題としても、既存事業が優先となり新しい取り組みになかなか手が回らない点や、特に新領域の商品開発は予測が立てにくくチャレンジすべきか判断ができないといった声も多く聞かれています。

そこで、今回のプロジェクトでは、ライオンの持つ独自技術をTRINUS(トリナス)のプラットフォームに登録する4,000名超のデザイナーに開示し、その技術を活用した多様な商品企画を集めます。さらに、TRINUSプラットフォームが持つ機能を活用し、実際に製造する前の段階でお客様の支持を得られることを確認し製品化していくという、新しいオープンな形の新商品開発を行います。

最高賞金
1500 万円
・基本コンセプトとして採用された段階で賞金20万円
・その後の開発プロジェクトへのご参画で20万円
・テスト販売を経て一般販売に以降すれば、売上ロイヤリティを最大で0.5%をお支払いします。

* ロイヤリティの上限は年間300万円、5年間(1,500万円)までとなります。
* 売上金額に応じたお支払いとなるため金額はお約束できません。
* 採用された場合でも、その後、一般販売に以降することをお約束するものではありません。

募集要項

コンペの応募内容
【ライオンが持つ2つの技術テーマについて】
洗い流した後にも成分が肌に残る成分吸着技術「吸着保湿テクノロジー」と、剥がれにくく目立たない高含水貼付剤技術「PAC-55」が、今回の商品開発の対象技術となります。

①洗い流した後にも成分を肌に残す新技術「吸着保湿テクノロジー」
(https://trinus.jp/projects/18)


世の中には保湿成分などを謳ったボディソープが多くありますが、すすぎ時に保湿成分も同時に洗い流されてしまうことをご存知でしょうか。この課題を解決するため、ライオンは3年間の期間をかけ、洗い流した後にも成分を肌に残す新技術を開発しました。この技術を活用して生まれたのが「hadakara」です。ただこの技術、保湿成分だけでなく、香りや殺菌成分、抗炎症成分など、他にも様々な効果との組み合わせが可能なのです。そこで、この技術を活用した新たな商品コンセプト・デザインを募集します。

②剥がれにくく目立たない高含水貼付剤技術「PAC-55」
(https://trinus.jp/projects/17)


「肩が凝る」「足をリフレッシュしたい」「熱がある」など身体のトラブルに、直接肌に貼ることで様々な効果をもたらすのが貼付剤です。ライオンでは、粘着力を持つジェルシートに水を多く含ませる高含水貼付剤技術を活用することで、湿布の「ハリックス55」、足すっきりシートの「休足時間」、熱をとる冷却シートの「冷えピタ」など、様々なヒット商品を生み出してきました。

高含水貼付剤技術「PAC-55」とは、水分を固形化し、肌に貼ることができる高粘着かつ薄型の貼付剤技術です。その含水率はなんと85%!ほとんど水分です。他の部位、他の成分との組み合わせなどによって、まだまだ新しい活用案が考えられるこの貼付剤。この技術を活用した、新たな商品コンセプト・デザインを募集します。


【審査方法】
・TRINUSウェブサイト上における「Want it!」で高評価を獲得し、閲覧ユーザーから多くの支持を得ていること
・弊社ネットワークのバイヤーから多くの支持を得ていること
・応募要項に沿っており、メーカーにて製造可能なこと
・複雑な構造になり過ぎず、現実的に販売可能な製品価格に収まるデザインであること
※注意事項についてはTRINUS利用規約もご覧ください
コンペの応募期間
2018年10月16日(火) から 2018年12月10日(月) まで
コンペの日程
10月11日~12月10日 プロダクトデザイン募集期間
1月中 商品化アイデア決定 
※2019年以降での商品化を目指します。
参加方法
・コンテンツは、すべて画像(JPG, PNGまたはGIF形式)でTRINUSウェブサイト内で投稿してください。
・コンテンツは、企画書、アイデアプラン、アイデアスケッチ、レンダリングCG、図面、実際に制作した試作品を撮影した画像等、自由に組み合わせてご投稿頂けます。投稿は合計6ファイルが上限となっております。
参加資格
不問
著作権の取扱について
TRINUSのサービスにおいて会員が記述、投稿等を行ったコンテンツの知的財産権は、会員に帰属します。

ただし、製品化に着手する旨が決定した場合、当該コンテンツの知的財産権のうち、発明、考案、意匠及び商標の各々特許、実用新案登録、意匠登録を受ける権利及び商標登録出願を行なう権利を、会員は当社に譲渡するものとします。

詳細については、TRINUS利用規約をご参照ください。
主催
株式会社TRINUS
お問い合わせ先
【本件に関するお問合せ先】
株式会社TRINUS 
info@trinus.jp
SNS公式アカウント
Twitter@TrinusJp
Facebook@trinus.jp (TRINUS)
Instagram@trinus.jp
公式ホームページ

TRINUS (トリナス) | 技術とデザインの化学反応による驚きを

URL: https://trinus.jp/

公式サイトのスクリーンショット