戻る

コンペのポータルサイト「コンペナビ」
世界のコンペ、コンクール、コンテスト、公募を一発検索

検索

子規記念博物館開館40周年・子規没後120年祭 第39回子規顕彰全国短歌大会

締切
2021年08月02日(月)
コンペの概要

正岡子規が近代文学史に与えた功績を顕彰し、短歌の普及・振興に寄与するために本大会を開催する。8月2日まで、2首1組1500円で雑詠の短歌を募集し、10月24日の大会で表彰する。大会への参加は無料。今年度の記念講演は吉川宏志先生(「塔」主宰)の「子規の〈写実〉を改めて考える」と題した講演を予定している。

・文部科学大臣賞、愛媛県知事賞、松山市長賞、松山市教育長賞
・後援賞/現代歌人協会子規記念賞、日本歌人クラブ賞、短歌研究社賞、『短歌』編集部賞、現代短歌社賞(計5賞)
・選者賞/各選者 特選3首・秀逸5首・入選15首(計115賞)子規記念博物館開館40周年・子規没後120年を記念して「秀逸」を設ける。特選者には賞状と副賞を進呈。秀逸者、入選者には賞状を授与。
(入賞作品は、子規記念博物館に1年間掲示)

募集要項

コンペの募集内容
雑詠の短歌(自作未発表)を本年も募集します。以下の必要事項を楷書で記入した応募用紙を、郵便小為替か現金書留で出詠料1500円(2首1組につき)とともに郵送下さい。※お一人何組でも応募可。①郵便番号②住所③氏名④雅号⑤電話番号(③④はふりがな必須)入賞歌集を応募者全員に1人1冊送付。入賞者には賞状(一部副賞あり)を進呈。既定の応募用紙は、子規記念博物館のホームページからダウンロード(A4版)できます。多数のご応募をお待ちしています。
コンペの募集期間
2021年05月01日(土) から 2021年08月02日(月) まで
コンペの日程
応募開始 2021/05/01(土)
締切   2021/08/02(月)必着
大会当日 2021/010/24(日)
参加方法
以下の必要事項を楷書で記入した応募用紙を、郵便小為替か現金書留で出詠料1500円(2首1組につき)とともに郵送下さい。※お一人何組でも応募可。①郵便番号②住所③氏名④雅号⑤電話番号(③④はふりがな必須)入賞歌集を応募者全員に1人1冊送付。入賞者には賞状(一部副賞あり)を進呈。
参加資格
不問
著作権の取扱について
※入賞作品については、著作権などの一切の権利を主催者が有する。
主催
松山市教育委員会
お問い合わせ先
愛媛県松山市道後公園1-30
松山市立子規記念博物館内「子規顕彰全国短歌大会」係
公式ホームページ

子規記念博物館

URL: http://sikihaku.lesp.co.jp/

公式サイトのスクリーンショット